卒業生の皆様へ

稲門アルティメット会会員各位

 

稲門アルティメット会理事長 加藤健太郎(平成8年法卒)

 

平素早稲田大学アルティメット部並びに稲門アルティメット会の活動に絶大なるご指導・ご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 

今年平成29年、我が部は無事創立25周年を迎えることが出来ました。各方面からの真摯なご支援の賜物であり、理事会を代表致しまして、厚くお礼を申し上げます。我が部は平成4年、栃木県で開催された、第6回WFDF世界アルティメット選手権大会を観戦した当時の法学部の1年生らを中心に設立されたのですが、今日の在校生・若手卒業生の活躍を見ると往時茫々の感を禁じ得ません。

 

さて、今年度の理事会は既に会員用メーリングリストでお知らせの通り、下図の体制で取り組んで参ります。各委員会には会員であればどなたでも参加頂けますので、我こそはと思わん方はどしどしご参加下さい。

 

なお、毎年のお願いとなりますが、年会費納入方法について自動引落への切り替えがお済でない方はぜひ前向きにご検討下さい。

年会費を納めれば同じではないかというご意見もご尤もですが、自動引落には、 (1)年会費収入の安定化(金額・納入時期)により、年度計画が策定しやすくなる、(2)会計業務の負担軽減に繋がる、(3)会員の都度振り込む手間が省けるといったメリットがございます。

ここでは具体的な金額はお示ししませんが、近年大会数の増加により部員の一人当たりの年間活動費が相当額に達し、毎年卒業まで活動する部員ほぼ全員が自宅生となっております。斯様な状況を改善する為にも、年会費収入の安定化は必須と思料致します。

 

本会が会員の旧交を温め、ささやかながらも心のよりどころの1つになるよう理事会一同微力を尽くす所存です。 今年度もご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

ご意見・ご要望は、contact@wasedaultimate.orgまでお寄せ下さい。