卒業生の皆様へ:稲門アルティメット会

卒業生の皆様および稲門アルティメット会会員各位

 

稲門アルティメット会理事長 加藤健太郎(平成8年法卒)

 

会員各位におかれましてはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

 

2014年度より、創部時の部長・吉村正先生(人間科学学術院教授・ソフトボール部総監督)ご推薦にて、可部明克先生に部長及び本会会長にご就任頂きました。吉村先生が東大ソフトボール部のコーチをされていた際の教え子のお一人が可部先生でいらっしゃいますが、吉村先生同様、我が部発展のために学内外で精力的にご活動頂いております。

 

さて、我が部はバブル崩壊後間もなく産声を上げましたが、以来我が国では「失われた20年」、近年では「日本化」などと揶揄される政治と経済のリーダーシップ不在の時代が続いております。各位におかれても、アルティメットに明け暮れた学生時代には想像もしなかった問題に直面されている方も沢山居られることと存じます。本会が会員同士旧交を温めあい、ささやかながらも心のよりどころの1つになるよう理事会一同微力を尽くす所存です。

 

今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。